サイトトップ > サイトマップまで放置

脚のむくみサプリ美脚

どうしてふくらはぎがむくんでしまうの?

 

仕事が終わってみるとふくらはぎがかなりむくんでしまったという人は少なくないはずです。どうしてふくらはぎというのは、むくんでしまいやすくなってしまっているのでしょうか?血液というのは心臓によって全身に送られており、全身の細胞や臓器に栄養素や酸素を供給しています。

 

そして、心臓に送り返されるときには余計な水分や老廃物、二酸化炭素が含まれています。足に送られた血液を心臓に送るということは、重力に逆らって下から上に移動をすることになります。この心臓に血液を送るときにポンプとして働いているのがふくらはぎになっているのです。

 

人間の体を流れている血液の7割程度が下半身に集中しています。この大量の血液を心臓に送り返すふくらはぎというのは、とても需要な存在になっているのです。ふくらはぎの筋肉を伸縮させることで、ポンプのように血液を送っています。

 

このふくらはぎがむくんでしまう原因というのは複数あります。一時的にむくんでしまっているというのであれば、次のような原因が考えられます。

 

同じ姿勢で長時間過ごしている
同じ姿勢のまま長時間過ごしていると、ふくらはぎをあまり動かさなくなってしまい、ふくらはぎの周辺に水分や血液などがたまってしまいます。これによってむくみが生じてしまっているのです。

 

ふくらはぎの筋肉が弱くなっている
ふくらはぎの筋肉をあまり動かさないと、ふくらはぎの筋肉が弱くなってしまいます。これによって、ポンプとしての力も弱くなってしまって、血液や水分をしっかり心臓に送れなくなってしまいます。

 

塩分を摂取しすぎ
体の中の水分を溜め込んでしまう働きが塩分にはあるのですが、この塩分を摂取しすぎてしまっていると、それだけ水分を溜め込んでしまうことになります。そのため、塩分を摂取しすぎてしまっていることでふくらはぎがむくんでしまっていることも多いのです。

 

冷え性が原因
体の先端が冷たくなってしまっているのであれば、冷え性になってしまっていると考えられます。冷え性というのは、血液の循環が悪くなってしまっていることが原因になっており、指先まで血液を送ることが出来ないことで、むくんでしまうのです。

 

このむくみが1日だけではなく、ずっとむくんだまま1週間以上続いてしまっているのであれば、何かしらの病気になっている疑いがあります。ですので、むくんでしまっていることが1週間以上続いているのであれば、病院で調べてもらうべきです。

 

 

むくみケアをしないと肥満に繋がる

 

体がむくんでしまうと、太く見えてしまいますし、いつもよりも体を動かしにくくなってしまっています。このむくみというのは、脂肪がついているわけではないですから、どれだけダイエットをしたとしても解消させることができません。むくみは脂肪ではなく、水分が原因になっているわけですから当然ですよね。ただ、肥満とむくみが全く無関係かというとそう言うわけではありません。

 

一過性のむくみだとしても、ちゃんとケアをするようにすることが必要です。むくみに対して何も対策をせずに、長期的にむくみが継続されてしまうと、体の代謝が低下してしまいます。代謝が弱くなってしまうということは、脂肪が蓄えられやすくなるということになりますから、結果として肥満になりやすくなってしまうのです。

 

この他にも、セルライトといわれる脂肪の固まりがありますが、このセルライトというのは、皮下脂肪が多い箇所にできてしまいやすいです。つまり代謝が高くなりにくい部位にセルライトができやすいということになります。むくみケアをしなかったら、肥満だけではなくセルライトもできやすくなってしまうということなのです。

 

太りやすい体質の人も代謝が悪くなってしまっているわけですから、むくみになりやすいという特徴もあるといえます。運動不足や不規則な生活習慣、栄養バランスの偏りなどが、代謝を悪くしてしまって肥満やむくみの原因になってしまっているのです。

 

海藻を使った青汁

 

健康を維持する上で欠かせないのが青汁です。青汁にはケールや大麦若葉、明日葉、桑の葉やよもぎ、いぐさなど様々な植物がその栄養価の高さから原料として使われ、日々の健康や美容を維持に効果を発揮しています。

 

青汁の原料としては緑黄色野菜が主となるのですが、中には海藻成分を使用した青汁もあるようです。海藻は海の野菜という観点から様々な栄養成分があることがわかり、サプリメントや化粧品などにも利用されています。

 

それは青汁も同じです。海藻にはカルシウムやビタミン、亜鉛、タンパク質などが豊富に含まれているので青汁の原料としては申し分ないのではないでしょうか。海藻は低カロリー食材としても知られておりダイエット中でも関係なく摂取することが出来ます。

 

陸に生息する植物と同じように海藻にも栄養価の高いものが多くあるのですが、中でも注目されているのがスピルリナとフコイダンです。フコイダンは海藻のネバネバ成分のことであり、昆布などの粘りはこのフコイダンです。

 

フコイダンには中性脂肪を抑制する効果や抗酸化作用があり健康維持にはなくてはならないものです。またスピルリナは海外セレブの間でも話題になっている成分でほうれん草などに含まれているBカロテンがほうれん草の約40倍ととても高く、美しさを求める女性の間で人気の高いスムージーなどにも入っていることが多いようです。

 

このように豊富な栄養素を含む海藻を原料とした青汁を飲むことで野菜の栄養だけでなく海藻の栄養を取り入れることもでき、健康で元気な毎日を送ることが出来るのではないでしょうか。こちらで確認!待つづけれらるもの>>フルーツ青汁のランキング