トップページ >むくみの症状がある病気

むくみの症状がある病気

むくみというのは、一過性であることがほとんどなのですが、中には病気になってしまっていることが原因になってしまっていることもあります。病気でむくみの症状が出てしまうものはいくつかあります。例えば腎臓病もむくみの症状が出てしまうことがあるのですが、この他にも、原因不明になっているものや肝硬変、薬による薬剤性、心不全などといった病気が原因になってしまっていることもあります。

 

心不全の場合は、心臓の働きが弱くなってしまって、血液の循環が悪くなってしまってむくみの症状が出てしまいます。また、毛細血管を流れている血液を心臓に送り返すことができなくなってしまって、毛細血管内の圧力が高くなってしまい、血管の外に水分が浸透してしまってむくみになってしまうこともあります。

 

全身ではなく、手足だけむくんでしまっている場合、静脈に問題が生じてしまっていて、毛細血管の圧力が高くなり、一部分だけむくんでしまうこともあるのです。人間というのは、立って行動をすることが多いのですが、これによって下半身に水分が移動をしてしまって足だけむくんでしまいやすそうなイメージがあるのですが、静脈に血液が逆流しないように防ぐための弁があります。

 

これによって、心臓に血液を送れるように構成されているのです。ですが、静脈瘤によって弁が壊れてしまうと、静脈の血液が逆流してしまって、経って仕事をしているとすぐに足だけがむくんでしまうこともあります。肝硬変やネフローゼ症候群のようにたんぱく質濃度が低くなってしまっている病気の場合、全体にむくみができてしまい亜y好くなり増す。