トップページ >ニキビ・吹出物の原因と予防方法

ニキビ・吹出物の原因と予防方法

ニキビと聞くと、脂性肌の方や皮脂が出過ぎている方に多いと思われるかもしれませんが、乾燥肌の方や敏感肌の方でもニキビで困っている方はたくさんいます。

 

乾燥肌の方や、敏感肌の方というのは、肌のキメが粗いため、皮脂膜や角質で外からのダメージをブロックすることができません。そのため、刺激を受けると、細菌やウイルスなどが侵入してします。

 

そのようなことから、ほかの方が行うようなニキビケアをしていると、良くなるどころか、返ってニキビを悪化させてしまう恐れがあるのです。そもそもニキビというのは、毛穴に皮脂がつまってしまって、アクネ菌という菌が増殖してしまって炎症してしまった状態のことです。

 

また、吹き出物というのは、毛穴がダメージを受けて、ブドウ球菌という菌が毛穴に入り込んで炎症してしまった状態のことです。これらの2つは、肌を清潔な状態に保っておくことが大前提です。

 

ただ、清潔にしようとしすぎて、1日のうち何回も力を入れて洗顔をしてしまうと肌に負担がかかるため、洗顔をするときには力を入れずに行いましょう。ほかにも、洗顔をしたときに皮脂も同時に取ってしまっているため、洗顔をした後には保湿をすることも大切です。

 

保湿をするときには、ヒアルロン酸やコラーゲンが入っているスキンケアグッズを使うと良いでしょう。また、女性の場合、疲れているからといって、メイクをしたまま寝るのは止めましょう。

 

疲れているという理由で、拭き取り式のクレンジングで終わらせてしまうと、毛穴にメイクが残り、毛穴が詰まり、ニキビや吹き出物ができる原因になります。ほかにも、ビタミン類を積極的に摂取したり、睡眠をしっかり取ったり、便秘の方は便秘を改善するようにしたりしましょう。