トップページ >禁酒とストレスの関係

禁酒とストレスの関係

現代社会はストレス社会といわれるように、ストレスを全く受けずに過ごすのは困難な時代です。子供から老人まで、様々なストレスにされされながら生活を送っていることでしょう。このストレスが、禁酒を難しくする原因になっているのです。

 

ストレス解消のための飲酒は控えめに

 

お酒を飲む理由に、ストレス解消を挙げる人は多いはずです。自分だけがストレスを感じているのではない場合も、パッと騒いでスッキリしましょうという目的で飲み会を開くことは多いのではないでしょうか。

 

人間関係や仕事、家庭内のトラブル、孤独など、人それぞれのストレスに悩み続けるのは辛いものです。健康的にもストレスを抱え続けるのはよくないとされていますが、それを常にお酒で晴らすのも問題です。

 

アルコールには高い依存性があるため、いったん中毒になってしまうと抜け出すのに禁煙よりも大変な苦労を伴うことになります。

 

お酒を飲むと一時的にドーパミンが分泌されるため、飲んでいる間は快感を得られます。それがクセになってくると、お酒なしではストレスを解消できなくなるのです。ストレス解消のためにお酒を飲むのはたまににとどめて、普段は他の楽しみで心の疲れをとってあげることをおすすめします。

 

マイナスの感情による飲酒

 

誰でもストレスは感じるものですが、それを上手にコントロールして解消できる人とできない人がいます。特にコンプレックスが強い人、孤独で周囲に相談できる人がいない人などは、アルコール依存に陥りやすい傾向があります。

 

お酒に依存せずとも、このようなタイプの人は何らかに依存しやすいでしょう。だからこそ、自分の持ち味に向き合って、お酒に逃げない姿勢が大切です。

 

お酒を飲んで一時的に救われたような気持ちになっても、現実に戻れば何も解決していないことがわかります。たまに適度に飲むからこそ、お酒は楽しい気持ちをわかせてくれるアイテムなのです。